爪水虫市販薬

【爪水虫】市販薬ランキング!

自宅でも治療できる爪水虫の市販薬をご紹介

市販薬をご紹介

足の爪に何だか違和感がある!?そう思っていても皮膚科へ受診しに行くのはちょっと面倒くさいな・・・皆さん同じではないでしょうか?

 

実際には皮膚科へ受診して診てもらう必要がありますが、まずは自宅でも気軽に出来る爪水虫用市販薬を試してみませんか?

 

爪水虫は自然治癒しないのが特徴ですからいち早く対策するのが理想です。

 

そんな自宅で手軽に利用できるオススメの爪水虫の市販薬を紹介します。

 

 

 

爪水虫対策にオススメの市販薬ランキング

クリアネイルショット

クリアネイルショットは浸透しにくい爪の性質にも対処して、爪の根深いタネまで浸透し、しつこいタネをいち早くアプローチする事が出来るのが特徴です。

 

しかも81%以上の方が爪の変化を実感しているのです!(販売元での調査)

 

副作用も一切ないので安心して使う事ができます。(妊娠中や授乳中の方でも使用可能)心配な方は皮膚科に相談しても良いかと思います。

 

価格も低価格での申し込みが可能!更に、今なら全額返金保証も付いているのでリスクなく利用する事が出来ます。

クリアネイル



クリアネイルの成分には抗真菌薬として爪水虫にアプローチできる成分が含まれています。また、女性に多い”フットネイル”をなどの爪の悩み(グリーンネイルなど)にもアプローチできるのが特徴です。

 

爪水虫から水虫まで一通りの対策が出来ますので、症状に合わせてお使い頂く事が可能です。

 

セットでの購入は1万円程度の価格になってしまいますので、まずはお試しで1〜2本から購入して始めてみるのが低価格で得策だと思います。

 

アメリカでも評価が高い爪水虫用の市販薬です。


皮膚科で処方してもらう治療薬との違い

 

市販薬

皮膚科処方

入手経路

ネットで注文後、自宅に市販薬が届く 病院で受診し処方してもらう

治療の流れ

説明書をよく読み市販薬を塗布する 病院に毎月通い、処方された薬を塗布するor服用する

薬の副作用

ない 一部有り

治療期間

個人差がある 個人差がある

治療薬にかかる費用

トータル1〜2万円程度 数回受診3〜4万円程度

 

 

皮膚科で処方してもらう治療薬との大きな違いは”治療”です。
市販薬では自分でネットなどで注文してすぐお使い頂けるようになっていますが、皮膚科へ行くとなるとまずは診断。そして薬の成分などを確認してから処方してもらう。このような流れになっています。

 

市販で購入する爪水虫用市販薬と皮膚科で処方してもらう薬は成分が違ってきます。皮膚科で処方してもらう薬の方が薬のレベルが高く、副作用が一部有るので使用には注意が必要だからです。

 

皮膚科で処方してもらう薬には大きく分けると2種類あり”塗り薬”と”飲み薬”があります。どちらを選ぶかは受診してみての度合いにもよります。

 

もし、塗り薬を処方してもらうとなると毎月病院へ通わなければなりません。
飲み薬を処方してもらった場合には、こちらも毎月病院へ通わなければならないのと、血液検査もしなければならない場合もあるのです。(肝臓への副作用がある可能性もあるので)

 

治療期間は個人差があるので、一概に「この期間で治ります!」と言うのは絶対にありません。爪水虫が初期の場合でしたら比較的早く完治する可能性はありますが、重度の場合は半月から1年以上も治療を継続しないと完治しないケースもあるのです。それくらい爪水虫はしつこい”タネ”が爪の根元に根付いているのです。

 

治療にかかる費用もやはりトータル的には市販薬での方が安価です。皮膚科へ行く気になれないのであれば自宅で簡単に使用できる”市販薬”で試しにやってみるのも良いかもしれませんね。

 

 

 

爪水虫の市販薬を使った方が良い人

使った方が良い方

 

爪の中が白くなっている

爪が厚みを帯びている

爪を切ると白い粉が出てくる

爪がくすんで、にごった印象

爪がカサカサ・ゴワゴワしている

 

これらの項目の中で当てはまる事があれば、もしかしたら自分の爪には爪水虫の”タネ”が根深く広がって付いているかもしれません。

 

  • 「毎日洗っているから大丈夫でしょ!」
  • 「こまめに靴の中(インナー)もお手入れしているから大丈夫!」
  • 「爪を清潔にしているから大丈夫!」

 

そのうち戻るだろうと考えていませんか?

 

残念ながら一度、爪水虫になってしまうと外部からの治療が無ければキレイな爪には戻らないのです。爪には元に戻す力がないので、一度悩みのタネが付いてしまうと、どんどん爪の奥底まで広がっていき、私生活では洗い流す事が難しくなってくるのです。

 

その為、一度爪水虫に悩まされると深刻になっていくケースがほとんどなのです。改善策として外部からの治療が必要になってくるのです。

 

最近ではネット通販でも簡単に入手できるので、ドラッグストアなどで人に見られたくない人や病院へ行きたくない人には大変良いと思います。毎日継続して自分の爪を守って上げて下さい。

 

 

爪水虫になった体験談

爪水虫体験談

最近、ようやく私の爪水虫が治りました。まさか自分が爪水虫になるとか思いませんでしたし、なった時は精神的ダメージが大きかったです。私が爪水虫で悩まされるようになったきっかけと言うのは、足の”指の間”に出来てしまった「水虫」からでした。

 

爪水虫の感染経路の中でも1番多いと言われている水虫菌による爪への侵出からです。

 

最初は足の指の間が無性に痒いとボリボリかいていました。当時は水虫になっているとは思いもせず、お風呂で清潔にしておけば治るだろうと思っていたのです。

 

しかし、

 

お風呂で念入りに足の指を洗っても痒みは取れませんでした。むしろお湯につけると痒みが増していました。足の皮膚も痒みが出ている近辺が剥がれていたのです。

 

これはちょっとおかしいなと思い、皮膚科へ行ったのです。

 

結果は”水虫”

 

足を清潔に保っていなかったのが悪かったのです。今まで水虫になった事がなかったので「自分はならないだろう!」と思っていましたがとうとうなってしまったのです。

 

以前までは、お風呂で体を洗うにも1番洗っていなかったのが足の指だったのです。泡だけ付けとけばいいやなどと清潔に洗っていなかったのが結果として付いて来たのです・・・。

 

今まで水虫になっていなかったのは、たまたま水虫菌が感染しなかっただけだそうです。

 

水虫はかなり痒みが出てくるので早く水虫を治したいので毎日足に塗り薬を塗っていました。2,3ヶ月くらいで痒みも無くなり完治しただろうと思い、皮膚科へ行かずに放置していたのです。

 

それが失敗でした。

 

痒みも消え、普通の生活を送っていましたがある時に自分の爪に違和感がある事に気付いたのです。

 

「爪の中が白くなっている!?」

 

痒みもなかったので水虫ではないなと思いつつも皮膚科へ受診しました。
すると次は

 

「爪水虫発症」

 

こればかりは精神的なショックを隠しきれませんでした。
何でも爪水虫になると水虫よりもしつこく、治りがかなり悪いと聞いていたからです。幸いにも症状はまだ軽い方だった為、塗り薬だけで治るとの事だったので、受診から数ヶ月くらいで症状は軽快しました。

 

数ヶ月後にはまた爪が白くなっていたのですが、今度は爪水虫用の市販薬でも試してみました。皮膚科へ行くのはもう面倒くさく感じてしまったので一度試しに市販でも使ってみたかったのです。

 

市販薬でも症状が軽かったみたいなので、数ヶ月で軽快しました。

 

 

まとめ

まとめ

最後まで当サイトを見ていただきありがとうございます。

 

爪水虫用の市販薬は最寄のドラッグストアや大型ディスカウントショップなどでも購入できるのですが、私の使ってみた感想から言うと

 

あまり効果は現れませんでした

 

私の推測ですが、一般的な爪水虫用市販薬では外部から塗る対処法の多くは「足裏用」を爪にも代用している事が多く、爪への浸透を考慮していない事があり、有効成分が力を発揮できない状態にあったのです。

 

なので、ドラッグストアや大型ディスカウントショップなどに置いてある市販薬よりもネット通販で評価の高かった市販薬を購入する方がオススメなのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ