爪水虫が酷くなると爪がなくなっていく!?

爪水虫が酷くなると爪がなくなっていく!?

爪水虫で肥厚した爪は酷くなるとどんどん短くなっていく!?

驚き 

 

分厚くなってしまった爪を爪切りで切ったりヤスリなどで削ったりすると、爪がどんどんなくなってしまうことがあります。

 

爪水虫に痛みはないし見栄えが変だからと言う理由があり、爪を深くまで切りすぎる、削りすぎる方が多いようです。

 

それに、爪水虫になってしまう指が違うだけで、いろんなシチュエーションで支障が出てしまいかねません。

 

では、次に親指や小指などに爪水虫に侵されて、深く爪を切ってしまった場合、どんな支障が出てしまうのかご紹介したいと思います。

 

 

親指が爪水虫に感染して爪が短くなった場合

親指爪水虫

親指は主に「ブレーキ」をする役割をもっています。

 

例えば、歩いている時に立ち止まる際には親指に力が入ります。また、スポーツをしている際にも力を入れて動きを止める際にも必ず親指に力が入っています。

 

と言うことは、親指の爪が短くなってしまうと、ブレーキをかける動作に支障が出てしまうと言うことです。

 

それに、見た目も醜くなってしまいます

 

親指は一番大きな部分ですので、親指が一番目立ちます。そこへ、爪水虫になってしまったとなると見た目がすごい醜くなってしまい、コンプレックスを持ってしまいます。

 

すると、見た目が悪いと言うことは素足で歩けないという支障も出てしまいます。

 

 

小指が爪水虫に感染して爪が短くなった場合

小指爪水虫

親指が「ブレーキ」なら小指は主に「アクセル」をする役割を持っています。

 

歩く際にも親指に力が入るのですべて親指が重要なのでは?と思いがちですが、歩く際、最初に力が入っているのは小指だったのです。

 

と言うことは、小指の爪がほとんどない場合には歩きにくくなってしまうことが予想されます

 

言い換えると、小指には体のバランスを取るための「センサーの役割」を持っています。力をかけることは少ないのですが、体のバランスが崩れた時には小指のセンサーが察知して身体をまっすぐに戻ろうとする役割を持っています。

 

なので、小指の爪がほとんどない場合にはまっすぐに歩くことが難しくなってしまうことが予想されます。

 

 

なぜ爪がなくなっていくのか?

疑問 

 

冒頭でも言ったように、爪の切りすぎや削りすぎが原因です。

 

爪水虫の初期症状は、それほど爪が醜くなってしません。少なからず酷くなっている方の大半は「何か爪に腺が付いているくらいだから放置しておこう!」と安易な思いからどんどん酷くなっていくことが多いです。

 

すると、いつの間にか爪全体が白く濁りだして爪の厚さも2倍以上に膨れ上がっている。爪を切るとボロボロと白い粉が出てきてしまう

 

爪の中に白癬菌が侵入して爪水虫になってしまう症状が出てきてしまいます。

 

酷くなってくると、どうしても爪の色や形が異常になってくるので切りたい、削りたい衝動にかられてしまいます。

 

通常、爪切りで爪の奥深くまで切ると痛いですが、爪水虫になってしまった爪は深くまで切っても痛くないです。(ピンクの部分ではなく、白い部分です)

 

それに、爪切りや爪ヤスリを使っていくと、白いボロボロした粉が出てきます。この白い粉が本当に気色悪くて、何回も切ったり削ったりして爪をなくそうとしてしまいます。

 

それが原因でどんどん爪がなくなってしまうのです。

 

 

爪の伸びるスピードも関係がある!?

爪の伸びるスピード 

 

爪が正常な方だと、爪の伸びるスピードは1日約0.1mm、1ヶ月に約3mm伸びると言われています。もちろん、爪の伸びるスピードは個人差があるので、早く伸びる方もいれば遅く伸びる方と人それぞれです。

 

しかし、爪水虫になってしまうともっと爪の伸びるスピードは遅くなってくると言われています。

 

爪水虫に侵されてしまうと、爪の新陳代謝が乱れ、爪が伸びにくくなると言われているからです。

 

爪の中に潜んでいる白癬菌がケラチンと言う爪をつくっているたんぱく質を食い尽くしてしまい、症状が進むにつれて爪が肥厚して「爪の伸びるスピードが鈍化してしまう」ことに繋がってしまうことも予想されます。

 

爪の伸びるスピードが遅くなってしまうとその分、爪白癬菌が爪の中で増殖してしまい、どんどん酷くなってしまいます。

 

すると、爪の変色する範囲が広くなってしまい、無意識に切ってしまう範囲が広くなってしまうことがあります。

 

 

爪水虫を改善するにはどうすればいい?

どうすればいいのか? 

 

爪白癬菌を完全になくすには、白癬菌によって侵されている爪が新しい爪に完全に生え変わり、周囲に白癬菌がない状態にすることが条件です!

 

そこで、爪の中に浸透しやすい塗り薬を使っていくことがおすすめになってきます。

 

当サイトが推しているものは「クリアネイルショット」と「ドクターズクリアネイル」と言う爪水虫市販薬です。

 

クリアネイルショット

リピート購入率が約93%と評判が高く、日本有数の医学誌にも掲載された実績もある爪用ジェルです。

 

このクリアネイルショットの特徴は浸透力の凄さにあります。爪の性質を考慮してつくられたため、爪の中まで馴染みやすく、原因菌にアプローチすることができます。

 

主な成分は竹酢液やテルピネン-4-オールなどです。

 

 

ドクターズクリアネイル

有効成分であるトルナフタートにより、爪の上から塗っても爪の中まで浸透させることができる成分を使用しています。

 

クリアネイルショットと同じ浸透力に自信がある塗るタイプの市販薬です。

 

副作用があるかもしれないからちょっと抵抗がある方でも安心できます!このドクターズクリアネイルは医薬品でないため、副作用の心配がない爪水虫専用の外用薬です。

 

ただ、どちらの外用薬を使ってもすぐに爪水虫は完治しません。

 

先程も言ったように、爪水虫は爪の中にいることもあり、爪が完全に新しい爪へと変わらなければ完治しません。

 

また、爪水虫になっている方の多くは足の周りに「水虫」になっている方が多いと思います。その水虫も撃退しないと「負のスパイラル」に陥ってしまい、水虫から爪水虫、そして水虫と繰り返してしまいます。

 

そうなると治療のやる気も失せてしまうことにも繋がりますので、そうならないためにもしっかりと爪水虫の治療は専念した方が良いかと思います。

 

爪がキレイなピンク色になっていたとしても専門医で診てもらわない限りはずっと使用を続けて下さい!まだ爪白癬菌が残っている可能性もありますから。

 

 

まとめ

爪水虫が酷くなってくると、爪全体が爪水虫の原因である白癬菌に食い尽くされてしまい、コンプレックスになってしまうことだって十分にあります。

 

 

そんなことにならないように、しっかりと爪水虫だと分かったら治療に専念し、最後は専門医に診せることが重要なポイントとなります。

 

 

 

当サイトおすすめの爪水虫市販薬はコチラから!



ホーム RSS購読 サイトマップ