爪水虫治療法|飲み薬よりも塗り薬が良い理由とは?

爪水虫治療法|飲み薬よりも塗り薬が良い理由とは?

爪水虫の治療法をご紹介!

治療法をご紹介

  • 爪が濁っている
  • 爪の表面がポロポロと崩れる
  • 白い筋が沢山みられる

 

これらの項目に当てはまっていた場合、爪水虫になっている危険性が高いです。
爪水虫になってしまったらその後の治療は長期決戦!
相当な苦難が待っているのです。

 

完治するまでには個人差が出てくるのですが、早い方でも6ヶ月から1年は治療に専念しないと完治するまでは至らないのです。

 

 

爪水虫は皮膚に出来る水虫とは違い、病気の爪が根元まで侵入してしまうのです。爪の中と言うのは治療が難しくなかなかすぐには治らない部位なのです。

 

 

要チェック!

感染していないキレイな爪に戻るまでには、最低でも6ヶ月以上はかかると思っていてください。
爪は一般的に1ヶ月に約3mm程度しか伸びないのです。

 

 

聞いているだけでも長い治療にならざるを得ませんよね・・・。

 

しかも、最悪なことに完治するには自然治癒では絶対に治らないのが爪水虫の厄介なところなのです。しっかりと治療法を見つけて実践しないと完治は難しいのです。

 

では、爪水虫を治すには一体どんな治療法があるのでしょうか?
まとめてみました。

 

 

爪水虫治療法その1:塗り薬

塗り薬

爪水虫の原因菌である”爪白癬菌”を倒すための治療法に、まずは塗り薬があります。
爪白癬菌が潜んでいる幹部(爪)に塗り薬を塗って治す治療法です。

 

昔の塗り薬には爪の外側から塗り薬を塗っても、爪に浸透しずらく爪白癬菌を倒す事ができないことがありました。
それを知っている方は「塗り薬だけで完治は出来ないのでは?」そう思っている方も少なくないと思われます。

 

でも、最近の塗り薬では高濃度の塗り薬があり、爪に浸透しやすい爪白癬の抗真菌薬も出ているのです。そんな爪に浸透しやすい塗り薬を使えば飲み薬を飲まなくても良い方もいらっしゃいます。

 

飲み薬は全身に副作用が出る可能性がある

 

これが心配する方も多いでしょう。

 

塗り薬は副作用がないものもありますし、副作用が出ても塗った部分に限られますし、かぶれる程度なので、その点が塗り薬のメリットだと言えますね。

 

ただ、塗り薬は毎日かかさず塗り続けることが大切です。冒頭でも言ったようにキレイな爪に生え変わるまで、約6ヶ月から1年はかかってしまいます。
そのため、毎日かかさず塗り続ける必要があるのです。

 

 

爪水虫治療法その2:飲み薬

飲み薬

爪水虫の治療法として有名なのが塗り薬ともう一つはこの飲み薬の治療法になります。
飲み薬は抗真菌剤の内服によって体の内側から治療する方法です。

 

現在、日本で師ようされている抗真菌薬はラミシールとイトリゾールです。

 

イトリゾールは”パルス療法”と言う方式で行う薬で、ラミシールに比べると短期間で治療できると言ったメリットがあります。

 

では、パルス療法とはどのような治療法なのかご紹介します。

 

 

パルス療法

1回200mgを1日2回(1回量400mg)を1週間連続投与し、その後3週間休薬することを1クールとして、これを3クール繰り返す治療法です。

 

基本的にはパルス療法は3クールを限度とし、治療開始から6ヶ月は経過観察しますが、その時点で効果が不十分な場合には更に、パルス療法を使したり他の治療法に切り替わることもあります。

 

ある試験では約70%に効果が現れていると言う試験結果が出ました。
イトリゾールは爪や角質に効果が持続しやすい事がメリットだと言えます。

 

ただ、多くの薬を飲み続けなければいけないので、副作用のリスクが高くなってしまうのです。
その為、メリットがリスクを上回る場合のみ、パルス療法を選択するドクターがほとんどのようです。

 

 

ラミシール治療法

パルス療法の他にも飲み薬で代表的なのがラミシールを使用する治療法です。
ラミシールは基本的に1日1回、毎日飲み続ける必要があります。
3〜6ヶ月の間、抗真菌剤を飲み続けると、約80%程の方が完治すると言われています。
効果の現れ方はパルス療法もラミシール治療もどちらも大きく差がないと見られています。

 

ただ、このラミシール治療にもデメリットは存在します。

 

副作用に消化器症状として下痢や胃の不快感、吐き気、腹痛などが挙げられます。

 

 

肝機能に影響が生じることもあるので、肝臓が悪い方には使用できない治療法です。

 

爪水虫の治療法は長期間に及ぶものなので、飲み薬の場合は副作用が1番の厄介なポイントです。副作用を発見するためにも1ヶ月に1回の割合で病院へ通院する必要もありますし、血液検査も必要とする病院もあるため、治療費が高額になってしまう事も予想されます。

 

 

 

爪水虫治療法をの3:レーザー治療法

レーザー治療

レーザーを使用しての治療法は日本ではまだ認可されておらず、治療費はすべて自己負担での治療となっています。

 

レーザーリネイルと呼ばれるレーザーを照射することで爪水虫の原因菌である爪白癬菌の活性を抑え、外に代謝させる治療法です。治療時間も1回10分〜20分程度で、1ヶ月に1回のペースで通い続け、治り具合を見ながら治療していくそうです。

 

肝臓に負担がかからない飲み薬治療が出来ない方にもできる治療法として注目されています。
そして、気になる治療費ですが、各病院によって違いますので、レーザー治療を行っている病院を探して問い合わせる事をおすすめします。

 

関連記事:爪水虫の治療費

 

 

 

飲み薬よりも簡単に出来る塗り薬から始めましょう!

飲み薬よりも塗り薬がオススメ!

爪水虫は病気ではないのですが、長い間放置していると身近にいる方にも感染してしまう恐れがあるのです。
そうならない為にも早めの治療が治療期間を長引かせる長引かせないの瀬戸際です。

 

まずは、簡単に出来る塗り薬から始めてはどうでしょうか!

 

基本的に飲み薬やレーザー治療などは病院側で判断します。飲み薬も副作用がある訳なのでちょっと抵抗がありますよね。
しかも、病院へ毎回通院しなければいけないこともあり、ちょっと面倒くさいこともしばしば。
更には、治療費も高額になってしまう事もあるので、治療するには多少の勇気がいりますよね。

 

 

それなら、自宅でも出来る塗り薬から始めた方が楽ですしコスパも良く、使いやすいので継続できますよ
ずっと言っていますが、爪水虫は長期決戦です。
毎日の治療の積み重ねが半年先、1年先の明暗を分けるのです。

 

毎日続けているから今日くらいは塗らなくていいやっ!

 

そんな思いが頭をよぎってしまうと「アウト」です。
それが毎回続いてしまうと完治するのも完治できなくなってしまいます。

 

ココ要チェック!

治療中も再感染してしまう恐れもありますし、身近な人に感染してしまったりもしてしまうのです。治療を続けている最中も注意が必要なのです。
そんな事が起きないように、足が長時間ムレないようにする、こまめに洗う、乾燥させるなどし、しっかり予防していく事も大切なのです。

 

しっかりと治療をしてキレイな爪を手に入れましょう!
最後に、当サイトがおすすめする自宅で簡単に治療できる塗り薬をご紹介しておきますので、参考までにどうぞ!

 

 

浸透力がスゴイ!爪水虫専用塗り薬はコチラから!

 



ホーム RSS購読 サイトマップ